Home > レポート > REPORT > 【つなぐ台東】第7回 アートワークショップ
レポート

【つなぐ台東】第7回 アートワークショップ

先日開催された「つなぐ台東」でのワークショップ。

またひとつ新たな試みが行われた。

立体表現へのチャレンジだ。

BLOG290.jpg

「みんなの広場まつり」にて行われた、大勢の人たちの前で描くという行為。

自分たちの楽しみを、世間に同様に楽しんでもらえる。認めてもらえるという経験を経る事ができた。

皆さんにも創作への自信というものが芽生えている。

BLOG291.jpg

今回は紙粘土を使ってもらった。

テーマは特に与えず、自由に粘土をいじる事を楽しんでもらった。

のばす。

こねる。

丸める。

単純な作業だが、絵は描く機会があっても、粘土をいじるのは皆子供の時以来だ。

自分の手の感触と共に変化する形態が楽しい。

BLOG292.jpg

BLOG293.jpg

シンプルながらも表情豊かなものが生まれていく。

自分たちで型を持ってきたり、デコレーションパーツを持ってきたりと、それぞれの工夫がある。

BLOG294.jpg

 

BLOG295.jpg

ある程度作業が進んだタイミングで、絵の具の使用をおすすめしてみた。

すると、粘土に対するアプローチもまたひと段階変化した。

BLOG296.jpg

表面に塗ったり、中に練り込んでみたりと。

それぞれがイメージする色で、試みるように使い出す。

BLOG297.jpg

ワークショップに参加してくれる時、特に楽しそうにしてくれる方がいる。

鼻歌交じりでずっとニコニコしながら作品作りをしている。

今回の立体でもそれは変わらずニコニコしている。

このワークショップの時だけに見せる表情らしい。

BLOG298.jpg

その方の創作を楽しむ原点。

それは幼少期にまでさかのぼる。

 

僕たちは言葉を当然のように使う。

しかし言葉が使えない方たちがいるのが、この環境の当然だ。

 

子供とのコミニケーションをとるために、ご両親は一緒に絵を描いた。工作をした。

それが親子の心を通わす最高のコミュニケーションとなった。

BLOG301.jpg

彼にとっては創作はコミュニケーション。

僕たちと過ごす楽しい時間を表現してくれている。

 

今回は個性的な作品やかわいい作品と、いろいろ生まれた。

立体表現。とても楽しんでもらえたようだ。

これはまた次もやってみよう。

BLOG299.jpg

BLOG300.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台湾の福祉施設「伊甸萬芳啟能中心」とのコラボTシャツの販売も始まりました。

↓↓↓NODDブランドアイテムはこちらから

『NODD STORE』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー