Home > レポート > REPORT > 【企業コラボ】足場王ユニフォーム制作
レポート

【企業コラボ】足場王ユニフォーム制作

REPORT   2020/07/13   NODD

社会貢献?

福祉?

そんな特質的なアパレルブランドNODDにまた新たな応援者が生まれた。

株式会社オールフロンティアの運営する『足場王』である。

 

足場王は足場のレンタル及び販売買取を行っている。

建築現場の足場資材のリユースに始まり、独自のレンタルシステムと徹底した品質管理で日本全国、そして海外へも事業を拡げているのだ。

この度NODDの活動を知っていただき、企業として協力できる事は何か無いかと問いかけいただいた。

 

そして今回生み出されたのは「足場王のユニフォーム」。

僕たちは社員の方々が社内外で着る服を新たに作り、お届けした。

・Tシャツ

・ワークシャツ

・ワークパンツの3種である。

BLOG340.jpg

このユニフォームにはNODDのコーズラベルが付いている。

今回の生産費の一部をチャリティーとして、NODDを通じた社会貢献へと使用する証だ。

label-navy.jpg

ユニフォームという重要性。

社外的はアピールもちろん、実は仲間で同じものを身につけるという事実が精神的効果を生み出す。

会社のアイデンティティをアパレルとして身につける。

それは自身の意識を高める事につながる。

 

ユニフォーム自体に会社が社会貢献に加担しているマークが付いている意味合いとは大きい。

着ているだけでちょっと自身を誇りに思える。

そんなユニフォームに育っていって欲しい。

BLOG341.jpg

なぜ足場王が社会貢献をするのか?

足場とはその名が表す通り、あらゆる建築現場の足場を作り、作業をする人々の作業空間を生み出す。

安全である事、信頼がおける事が何より大事である。

命を守り、現場の支えとなる足場。

その意識が、他者へ対する優しさや意識の高さとなるのだ。

BLOG337.jpg

応援する者が現れればNODDの活動が動き、デザインアイテムが生まれ、障害者作家はまた新たな作品を創り出す事ができる。

足場王のユニフォームも、関わる人達すべてから社会を良くする意識への拡散へとなっていくであろう。

BLOG342.jpg