Home > レポート > BRAND POLICY > レーサー藤永優と台湾 前編
レポート

レーサー藤永優と台湾 前編

BRAND POLICY   2019/08/05   NODD

NODDのアンバサダーを務めてくれている藤永優氏。

彼は台湾に移住している。

なぜ台湾なのか?

 

藤永氏はバイクのレーサーとして、スクーターレースの世界で20年以上トップに立ち続けている。

台湾はスクーターが生活文化の街。

街中にはスクーターが溢れかえり、老若男女問わずビュンビュンと走りまわっている。

BLOG145.jpg

そんな台湾という地で。

彼はヒーローになった。

 

日本では16度の日本一を獲得した。

そしてポケットに20万円をつっこみ台湾に単身乗り込み。

現地のチームに所属して優勝を重ねた。誰も破れない連勝記録を作った。

BLOG147.jpg

その後自身のレースチーム『PRO POWER RACING TEAM』を立ち上げる。

BLOG153.jpg

そのチームが戦うのは、過去の自身の連勝記録。

そして、彼はまた新たな記録を生み出し伝説を作った。

BLOG148.jpg

藤永氏は『JOSHO 1 HYPER RACING』というパーツメーカーを立ち上げ、世界10カ国に販売をする実業家でもある。

高い技術力のメーカーに囲まれ、自身がテストライダーとして洗煉させる。

台湾の地は、彼を一流のパーツを取り扱う人物としても育んだ。

BLOG150.jpg

46歳現役トップレーサー。

走り続ける為に、勝ち続ける為に。

そのトレーニングは過酷さを極める。

BLOG151.jpg

BLOG154.jpg

藤永氏はあえて気温の高い外のトレーニング場を選ぶ。

一番の目的は熱中症対策。

台湾でのレース。高い気温と湿度の中、レーシングスーツを着てコーナーの連続を攻める。これは過酷だ。

BLOG152.jpg

クーラーの効いたジムでは意味をなさない為、このトレーニングは炎天下の中、毎日おこなわれる。

肉体的にも成長を続けている。

彼は言う「やっぱりレースが好きなんですよね。そして勝ちたいんですよ。」と。

BLOG155.jpg

強い信念を持ち、行動をする。

特に海外では情熱も、事を動かすスピードも持ち合わせていなくてはならない。

そんな藤永優氏とNODDが台湾で何をし、何を生み出していくのか。

 

後編へ続きます。

BLOG149.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓↓↓NODDブランドアイテムのご購入はこちらから

『NODD STORE』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー